dsc00569-1.jpg


尾道の顔ともいうべき歴史地区の旧市街は
尾道三山と呼ばれる青々とした山々と
一見川のように見える尾道水道という細長い海に
囲まれた箱庭のような小さな古い港町です。

そんな地区の中だけでも
昭和戦前の建物が約3000件もあるそうです。

車の入れない山の手に廃屋に近い空き家が
たくさんあります。
何年か前に、そんな廃屋に暮らす
タヌキの親子を見かけました。

商店街の中にも空き店舗が多く
全国でよくあるような町の中心地の空洞化が
尾道でも見受けられます。

空き家バンクというシステムも存在しますが、
100パーセント機能しているとは
言えない現状です。

この空き家バンクのシステム自体も
どうにかしたいと考えています。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ